ページの本文へ

Hitachi

エレベーター、エスカレーター

ページの本文へ

2008年8月7日

   このたびキッズデザイン協議会主催の「第2回キッズデザイン賞」において、「日立エスカレーター VXシリーズ」が会長特別賞(審査委員奨励賞)を受賞しました。
また、商品デザイン部門において「標準型エレベーター アーバンエース」が、コミュニケーションデザイン部門においては、(株)日立ビルシステムの「小学校への書籍配布による 昇降機安全利用のための啓蒙活動」が受賞しました。

キッズデザイン賞の概要

キッズデザイン賞とは、子どもの健やかな成長に役立つ製品や活動などを顕彰し、表彰作品にキッズデザインマーク(KDマーク)を付与するもので、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が主催し、経済産業省が後援しています。

受賞の評価ポイント

日立エスカレーター VXシリーズ

日立エスカレーター VXシリーズ
ハンドレールからの乗り出しを検知するアクティブマルチセンサーや、子どものズボンの裾やスカートの巻き込みを防止する設計上の工夫など、さまざまな安全対策が評価されました。

標準型エレベーター アーバンエース

標準型エレベーター アーバンエース
開閉ボタンの大きさを変える、インターホンボタンを子どもでも押せる高さに設定するなどのデザインや、子どもを始めとする戸袋部分への指の引き込み事故防止を考慮した設計が評価されました。

昇降機安全利用のための啓蒙活動

昇降機安全利用のための啓蒙活動
エレベーター、エスカレーターの安全教育は日常的である機器にも関わらず、改めて意識する機会が少ない中、学校や図書館への配布を通じて安全に関する社会啓蒙を行っている点が評価されました。
(株) 日立ビルシステムのページはこちら